妊婦さんにおすすめ敏感肌のためのニキビ化粧水

妊娠中のプチ不調、意外と大変!妊婦生活って。

妊娠中のプチ不調と言えば肌荒れ・・

 

念願の妊娠!

 

とは言っても、妊娠すると生活が一変してしまい、戸惑うことも多々ありますよね。

 

妊娠するとつわりに、腰痛、便秘。。色々なことに体の変化をもたらします。

 

特に妊婦さんのプチ不調で多いのが、ニキビ肌です。

 

ホルモンバランスの大きな変化によって、いつもはできないニキビが顔だけでなく、胸、背中、腕にもできてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

それでなくてもいろんな不調がある妊娠中。

 

肌が汚くなると余計に落ち込んでしまいます・・・

 

しかも、お肌はいつもより乾燥しやすく敏感肌に傾いています。

 

刺激の強い成分が使われがちなニキビ化粧品は、肌荒れを引き起こす原因になりますから、使うなら敏感肌でも使える低刺激の無添加ニキビケア化粧品がおすすめです。

 

敏感肌の方でもニキビで悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

ヒリヒリしみて、プロアクティブなどのニキビ化粧品で有名なものは使えないという方も多いんです。

 

低刺激の無添加、植物エキスから作られている化粧品は、薬局などよりもネット通販などで見つけることができます。

 

こちらもあわせて読んでみてくださいね↓
妊娠中のニキビがひどい!妊婦さんにおすすめにきびスキンケア化粧品

 

妊娠初期にニキビがひどくなると言われていますが、お肌の状態によっては妊娠中から出産後までニキビ肌になってしまうという方も。。

 

そんな方は、少しでもニキビを悪化させないように敏感肌専用のニキビケア化粧品を使うのがおすすめです。

 

メイクをしないのも、紫外線のダメージをもろに受けてしまいますから、外出時は、ベースメイクは必ずするようにしましょう。

 

ファンデーション選びも毛穴を詰まらせないような化粧品を選ぶといいでしょう♪

 

もう一つ、妊娠中の生活で大変なのが、お仕事との両立ですよね。

 

お仕事をされている方は、職場での立場にもよりますが、周りの方に理解をしてもらわなければいけなかったり、なかなか気を遣いますよね。

 

女性が多い職場なら、まだ妊娠について理解があるかもしれませんが、男性が多い職場でバリバリ働かれている方は、なかなか理解に欠けるところがまだまだ、あるように思えます。

 

妊娠は病気ではないので、一時的に悪阻がひどかったり、イライラしたり、脚がだるかったり、浮腫んだり…とありますが、時期が過ぎれば落ち着いてきます。

 

でも、お腹の中の赤ちゃんは日々、成長しています。

 

確実にお腹は大きくなっていき、ママは動き辛くなっていきます。

 

そこで無理をしてしまうと、赤ちゃんに影響が及ぶ恐れもあるので、決して無理はせず、周りの方にも協力をしてもらうよう伝える必要があるかもしれません。

 

こうして欲しい、こうしてもらうと仕事がしやすい、などと具体的にどうしてほしいかを伝えておくと、いざ、辛い症状が出た時にもスムーズに対応してもらえて、周りもご自身もストレスなく仕事を進めることができると、思います。